Orthopedics

整形外科

GIFT

ゲストの皆さんに
届けたいもの

「痛みを改善するための治療」
「痛みを理解するためのご説明」
「明日も元気でいようという気持ち」

GOAL

私達のゴール

元気になった皆さんの力によって
社会が元気になること

Treatment

関節痛・関節症
変形性関節症 膝・股関節

Artificial joint replacement

人工関節置換術(膝・股関節)

関節の変形が進行してしまった患者様に対して
人工関節手術で痛みと関節の動きを改善を目指します。

Q&A

保険を使って治療できますか?

はい、ご自身の健康保険で治療可能です。また高額医療控除の対象となりますので、詳しくは受付窓口もしくはWebでご質問ください。担当者が詳しくご説明させていただきます。

入院期間はどれくらいですか?

手術後のリハビリテーションの進捗にもよりますが、一般的には1~2週間で退院可能になります。入院での追加のリハビリが必要と判断されるまたは、希望される場合は近隣のリハビリテーション病院もご紹介させていただきます。

退院後の通院は必要ですか?

退院後は人工関節の定期チェックとして最初の2年間は半年に1回程度、その後は1年に1回程度のレントゲン撮影でのチェックをお勧めしています。ただし、遠方の患者様はお住まいの近くの病院・クリニックに紹介させていただきそこでの定期通院をしていただくことも可能です。

Joint-sparing osteotomy

関節温存骨切り術

関節軟骨の変形が軽度の患者様に対して、関節軟骨を
温存する手術を行い、膝の痛みの改善を目指します。

Q&A

骨を切った部分に人工骨を入れると
ありますが、それは将来的に手術で
取ったりする必要はありますか?

人工骨は最終的に自身の骨に置き換わるとされてい ますので、摘出の必要性はありませんが、骨切りをした部位を固定するPlateは抜去する事をお勧めしています。

手術を受けてから体重をかけて
歩けるまでどれくらいかかりますか?

通常の手術で人工骨とプレートでしっかり固定できていれば、手術後翌日から体重をかけて歩くことは可能です。術後1~2週間程度で歩行が安定する事を目指します。

Sports orthopedics

スポーツ整形外科手術

半月板や靭帯の障害に対して関節鏡を使って
小さなキズで手術を行うことで、早期の競技復帰を
サポートします。

Q&A

術後のリハビリが大切と聞きました。
多治見スマートクリニックでもリハビリは受けられますか?

はい!スポーツ整形外科では手術と同等もしくはそれ以上にリハビリが機能回復には重要です。当院では整形外科術後のリハビリを中心に行っておりますので、当院でリハビリをしっかり行っていただきます。 また土日にリハビリを行っておりますので、平日には受診しにくい学生さんや社会人の皆様にも広くリハビリをを受けていただけるようにしています。

Fracture conservative treatment

骨折保存的治療

骨折のズレの少ない場合はギプスを使って

保存的加療を行います。

Q&A

ギプスをつける期間はどれくらいですか?

骨折の場所や患者様の年齢にもよりますが、約4週間ぐらいが一般的です。

ギプスの周りが匂います。
どうしたらいいですか?

夏場は特に汗がでて匂いがでてしまいます。特にお子さんは沢山汗をかきますので、その場合は1週間に1回程度はギプス交換をしても良いですね。

Fracture surgery

骨折手術

骨折のズレがある場合、もしくはギプスを長期間つける
ことが困難な場合に骨折の手術を行います。
手術をすることで、より早期にリハビリを
開始することができます。

Q&A

骨折の手術は早く受けるのが良いですか?

骨折の手術のタイミングは骨折の場所、患部の腫れの具合などによって異なります。全ての骨折が早ければ早いほうが良いわけではありません。場合によっては腫れが少し引いてから手術をしたほうが良い場合もありますので、専門医にご相談ください。

骨折の手術をすれば早く治りますか?

骨折の場合、手術をしてもしなくても骨が自分自身で治る速さは変わりません。しかし、手術をすることで固定期間が短くなり、早くからリハビリテーションが始められることは、早期社会復帰を目指す事ができます。

手術で使ったインプラントは
後日抜去する必要がありますか?

現在、国内で使用されている殆ど全てのインプラントはチタン合金製であり異物として認識される事が非常に少ないです(金属アレルギーの方を除く)。
よって多くの場合、手術後インプラントの抜去の必要性はありません。ただし、インプラントが出っ張るなど痛みや動きの制限の原因になる場合は抜去が必要になります。

LINEで相談

お問い合わせ・資料請求